土木学会関西支部ロゴ

「明石海峡大橋とまもる技術の見学会」の申込はこちらから
■ 更新情報・お知らせ
■ 行事と募集
土木学会関西支部の共催・協賛・後援等をご希望の団体はこちらをご覧下さい。
支部主催、共催など
橋梁の長寿命化・耐震化と更新に関する施策および技術開発の検討に関する連携研究委員会講習会(実施:9/30、申込受付中)
ぶら・土木13「琵琶湖疏水見学」(実施:9/30、追加募集中)
平成29年度 調査研究委員会テーマの募集(締切:10/13 17:00)
平成29年度 共同研究グループの募集(締切:10/13 17:00)
ぶら・土木14「明石海峡大橋の主塔に登ろう!」(実施:10/19、申込受付終了)
建設技術展2016近畿での学生向けキャリア支援企画「相談にのります、将来への道づくり」new(実施:10/27、申込不要)
平成28年度 土木学会関西支部技術賞候補の募集new(締切:11/9 17:00)
本部講習会「地中構造物の耐震性能照査高度化」に関する関西支部会場でのビデオ上映会new(実施:11/10、締切:10/30)
平成28年度 施工技術報告会講演募集new(実施:2月中旬予定、締切:10/7)
鋼橋の維持管理全体の高度化に関するワークショップの資料データ公開中new
市町村等における維持管理の現状と対応に関する講習会の資料データ公開中
FCMに着目した橋梁の維持管理に関する講習会の資料データ公開中
小中高生・一般市民対象
どぼくカフェ『暗渠マニアック!』new(実施:10/6)
一般市民対象見学会「明石海峡大橋とまもる技術の見学会」(実施:10/29、締切:9/29)
インフラツーリズム「with Dam★Night ?! 夜も昼もダム三昧」new(実施:11/16〜17、先着順)
<開催報告>小中高生対象見学会「ダムの工事現場を見に行こう!〜天ヶ瀬ダム再開発事業〜」(6/5)
<開催報告>小中学生対象「夏休み土木実験教室」(8/6)
【主催:JTB西日本】夏休み企画!親子で学べる関空裏側探検ツアー(日帰り)(8/26)
「土木の日」関連行事
2016年度「土木の日」ポスター「大雨からみんなを守る土木」(6/1〜9/8)

これまでの行事は担当幹事会のページをご覧ください。

支部協賛、後援など
(主催団体等のサイトへ移動する場合もございます)
第4回若手セミナー(9/30)
京都大学災害リスクマネジメント工学(JR西日本)講座(10/1)
第345回講習会「熱応力による変形・破壊の評価方法と対策事例」(10/5〜10/6)
平成28年度 i-Constructionセミナー(10/6)
2016年度京都景観エリアマネジメント講座基礎講座(第7期)(10/15等 計8回)
安威川フェスティバル2016(10/16)
シンポジウム建設未来京都フォーラム2016(10/18)
日中地盤工学技術交流会(10/20〜10/22)
特別フォーラム(10/24)
道路橋の維持管理講習会「道路橋床版の長寿命化技術」(10/25)
くらしをささえる人と技術がわかる!〜ふれあい土木展2016〜(11/11〜11/12)
Kansai Geo-Symposium 2016 地下水地盤環境・防災・計測技術に関するシンポジウム(11/18)
第9回橋梁模型コンテスト(11/19)
セメント系固化材の利活用セミナー(2017/1/24)
共同研究グループ「老朽化、および更生した下水道管きょの耐震設計法に関する研究」
「災害調査」
「H26年度全国大会(2014/9/10〜12)」
■ 地域貢献事業
公益社団法人土木学会関西支部では、地域貢献事業に対する寄附を受け付けております。
■ 年次学術講演会 更新
年次学術講演会の優秀発表者一覧を掲載しました。
■ 関西支部技術賞
「平成28年度募集要項」を掲載しました。
■ 土木遺産
関西支部圏内の土木遺産の紹介です。
■ 学習支援
生活を支えている「土木」を学ぶための教材や見学施設、小中学校や各種団体への「土木のプロ派遣」などを紹介しています。
■ 支部出版物

支部だより(年刊)と無料・有料配布テキスト一覧、注文書です。

支部だより73号を掲載しています。

■ 支部の概要
役員一覧、各幹事会の活動紹介等です。
■ 支部会議室
土木学会会員もしくは支部賛助会員の方は、支部会議室を無料でご利用頂けます。
■ FCC
フォーラム・シビル・コスモス。土木の現状と将来に関する討論を運営します。
■ リンク
土木関係のリンク集です。
教員免許状更新講習
「新空港をつくろう」

公益社団法人土木学会関西支部
541-0055 大阪府大阪市中央区船場中央2-1-4-409 (地図
TEL:06-6271-6686
FAX:06-6271-6485

*** Sorry. The web pages on this site are written in Japanese. ***